CANARY(カナリー)
物件をアプリでサクサク検索!
(4.7)
インストール

広めのワンルームの賃貸マンション・アパート物件を探す

広めのワンルームの賃貸物件情報です。物件確認から内見予約までオンラインで対応。お問い合わせも3ステップで簡単にできます。

都道府県を選択してください

  • 北海道

  • 東北

  • 関東

  • 甲信越・北陸

  • 東海

  • 関西

  • 四国

  • 中国

  • 九州・沖縄

賃貸マンション・アパートの部屋探しサービス

広めのワンルームの 賃貸マンション・アパート物件を探す

広めのワンルームの賃貸物件情報です。物件確認から内見予約までオンラインで対応。お問い合わせも3ステップで簡単にできます。

広めのワンルームの特徴
広めのワンルームとは、通常のワンルームよりも床面積が広い物件のことを指します。通常のワンルームが平均18~25㎡であるのに対し、広めのワンルームは30~50㎡程度の場合が多くなっています。「1R」と表記されることもあり、賃貸物件サイトで「広々ワンルーム特集」などが組まれるほどに注目を集めているという特徴があります。
広めのワンルームのメリット
広めのワンルームのメリットは、部屋を広々と使えることです。従来のワンルームよりも開放感を得やすく、家具や荷物が多い方でもスペースの余裕を感じながら暮らすことできます。また、友人や家族を家に招いても窮屈感がないという点も魅力的です。広めのワンルームは通常の1Kや1DKよりも床面積が広い物件も多いため、頻繁に人を家に呼ぶという方にとってもメリットの大きな物件です。
広めのワンルームの注意点
広めのワンルームのデメリットは、家賃が高額になりがちという点です。床面積が広ければ広いほど家賃が高くなるケースが多いため、物件によってはコンパクトな1LDKよりも高額になる場合があります。予算に限りがあるという方には不向きな物件かもしれません。また、ワンルームは料理した際の臭いが寝具や家具につきやすく、広さがある分だけ部屋の掃除が大変になるという点にも注意が必要です。
アプリでサクサク物件を見る、Canary